人体解剖・カイ3D人体アトラス
企画・製作:株式会社カイ
トップ バージョンアップ情報 ユーザーサポート フォーラム 製品のご購入 お問い合わせ
Vol.1心臓編の主なバージョンアップ情報

このページの心臓編のパッチですが、第2版は必要ありません。ご購入頂いた心臓編が第2版か初版かわからない場合は、以下のISBNコードでご確認ください。

  • 心臓編初版 :ISBN4-902371-00-6 XXXXX
  • 心臓編第二版:ISBN978-4-902371-00-0 XXXXX

  • (コード末尾のXXXXXは、書籍ごとに違う番号になります)

↓ISBNコードの位置は、心臓編裏の上部に記載されております。

冠状動静脈に、【左冠動脈】【右冠動脈】ボタンを追加
冠状動静脈に、【左冠動脈】【右冠動脈】ボタンを追加した画面

冠状動静脈に、【左冠動脈】【右冠動脈】ボタンを追加することにより、別々に観察できるようにしました。


左冠動脈と、右冠動脈の画面

心臓の外観>名称表示>横隔面の画面を修正
横隔面の画面

横隔面の画面を修正しました。


topに戻る 


心臓細胞>名称表示>介在板の名称表示ボタンを一部修正
名称表示(介在板)のネクサスをギャップ結合に修正

介在板の名称表示ボタンネクサスを、【ギャップ結合】に修正しました。


topに戻る 


スタート画面の不都合を修正
スタート画面

ブラウザ画面のサイズ変更、お気に入りなどのツールバーが表示されている場合、【ENTER】ボタンのクリック反応エリアがずれて、クリックできない恐れがあります。この【ENTER】ボタンを押せない件を、改良しました。

詳細はこちら

topに戻る

画像解説書を追加

バージョンアップをして頂くと、3つの画像解説書のPDFファイルがあります。そちらをダウンロードして頂きますと、画像解説書をご覧頂けます。
(※ダウンロード方法ですが、ダウンロードしたい名前の、一番右側にありますファイル(WindowsまたはMacintosh)をクリックしてください。)


topに戻る

Vol.1心臓編、Vol.2肝・胆・膵編共通の主なバージョンアップ情報
Eolas問題に対処

2006年4月、マイクロソフト社より、ActiveXの挙動変更の修正パッチが配布されました。
そのため、FLASH画面上にマウスを乗せると、バルーンヘルプが表示され、操作を許可する動作が必要になってしまいます。
詳細はこちら


心臓画像

↑Flash画面上に、マウスを乗せるとバルーン表示が現れ、常に操作を許可する動作が必要になってしまう。

↓

心臓

↑バージョンアップを行うと、マウスを乗せてもバルーン表示が現れない。


topに戻る

ログイン画面に進み、ログインして頂きますと、これらのバージョンアップ情報を全てダウンロードすることが出来ます。

ログイン画面に進む

topに戻る